代々木公園ヘルスケア鍼灸院
診療時間について

時間外診療はお気軽にご相談下さい。

20時までにご予約頂ければ、院内、出張共に深夜24時まで対応させて頂きます。

その他のスケジュール
代々木公園ヘルスケア鍼灸院 blog
治療法について 代々木ヘルスケア鍼灸院
ホーム > 治療法について
治療法について 代々木ヘルスケア鍼灸院

当院では「経絡治療」という治療法を行っております。 一般的に行われている「局所治療」に対し、「経路治療」とは全身に流れる経絡(ツボの流れ)を用いて各臓器のアンバランスを調整し、人が本来持っている自然治癒力を高め症状を改善に導く治療方法。ストレスからくる疾患、アレルギー疾患など原因不明の病気にも適切な治療が出来ます。また病気を未然に防ぐ事もできます。

この治療方法は東洋医学の診断法である下記の「四診法」にを用いて治療を行います。使用する鍼は、髪の毛程度の細さで皮膚深く刺さないので痛みは無くしかも安全です。

◆「四診法」とは……
患者さんの症状を正しく診断するための4つの問診を意味します。
「望」…… 患者さんの身体全体を見渡し病気の状態を診断する事です。
「聞」…… 声の状態(艶・張り)、体臭等から病能の把握を行う事。
「問」…… 症状(主訴)などを聞くこと。
「切」…… 患者さんの身体に直接ふれる事。

特に4番目の「切」を重要視しています。「手当てをする」という言葉が示すとおり、まず最初に身体に触れてみなければ良い治療は出来ません。(検査中心の現代医学とは異なります。) 特に脈診(患者さんのとう骨動脈を拝見し、現在の身体の状態やどこの経絡が変動を起こしているのかを調べる診断法)と腹診(内臓の状態を調べる診断法)が中心に行われます。脈診をする事から一般的に脈診流鍼灸治療と言われております。

治療法について 代々木ヘルスケア鍼灸院

1、予診表の記入
まず予診表を元に診察を行います。検査機器を使わない東洋医学では、症状が重要な情報になりますので、詳しくご記入下さい。

2、問診
今一番辛い症状を直接お聞きしたのち、今までに罹患した病気や体質、現在服用している薬などを問診致します。必要に応じて、血圧、理学的検査なども行います

3、望診・切診(触診)
東洋医学的診断である「四診法」をもちいて診察いたします。特に触診による患部、手足や腹部の皮膚の状態などは重要視いたします。
「脈診」は、患者の状態、各臓腑の陰陽虚実や身体のバランスなどを調べ、病気の診断や予後の判定を行い、治療方針、治療後の効果を判断する方法であります。

「腹診」も脈診と同様に患者の五臓六腑の状態、体質を判定して、治療方針を立てるのが主な目的です。

4、本治法
四診法の結果により、まず最初に手足のツボに対し鍼をします。これを東洋医学では本治法といいます。手足にあるツボを使用する事により主訴部(患部)のみならず全身を調整します。

5、標治法
次に肩、腰などの患部に対して治療いたします。これを標治法といいます。また、冷えなどがある所には、温灸などもします。

6、治療終了
治療後に再び脉診(検脉)、腹診、触診などをし、治療の効果を確認します。また、必要に応じて東洋医学的な視点から日常生活のアドバイス等も行い治療を終了します。

以上、ご不明な点などがございましたらお電話もしくはメールでお問い合わせください。

診療時間はこちらから
ページの先頭へ
  • Copyright ©  2008 YoyogikouenHealthcareAcupunctureClinic. All right reserved.